老紳士とおもちゃ

最近ひんぱんにカフェに来店されるご老人。
身だしなみはきちんとしていて品性があり、

言葉遣いも丁寧で紳士で好感がもてる。
スマートホンを娘に持たされており、

使い方が解らずによくどうしたら
良いか聞いてくるとても勉強家なお人だ。

ある日、その方がいつもと違う様子で
落ち込んでおり、すごく悩んでいた。

「どうなさいました?」

老紳士『ちょっと仕事で失敗してしまってねぇ...』

話を聞くとその老紳士は現役の頃、
おもちゃメーカーでガンダムの
プラモデルなどで有名なバンダイに勤めており

定年退職するまでの間
日本だけではなくニューヨークに

転勤をしたり日本のおもちゃを
世に広める為、精力的に活動をしていたとの事。

そして引退後の今は、その時の経験を活かし
壊れたおもちゃを治す、おもちゃの病院を趣味がてら

子供達の為に
ボランティア活動を行っているとの事だった。

おもちゃの修理の時は接着剤は使ってはいけない
等のふむふむと思うお話もあり楽しいサクセスストーリーだ。

でなぜ落ち込んでいるのと言うと
修理で預かった壊れたおもちゃを分解途中で部品を
破損してしまったとの事。

4年前に発売された商品で
メーカーに問い合わせても在庫がなく

トイザらスやドン・キホーテに行っても
同じ商品は見当たらなかった。

形は違うがこのおもちゃに似ている代替品を
購入して渡そうと思っているとの事。

そこで私はピンときた。

「そのおもちゃの名前はわかりますかか?」

『ああ。リーコンMKⅡという鉄砲のおもちゃです。』

その場で私はヤフオクで検索してみた。一件ヒットした。
「このおもちゃですかね?⇩⇩」


『おおおお。これです!!
これを探してたのです!このおもちゃは買えるのですか?』

私はヤフーオークションの説明を
・この商品は中古品である事。
・最低落札価格が○○○○円で
他に欲しい人がいたら値があがっていく可能性がある事。

など簡単に説明した。
ぜひ、落札してほしいとの事なので

値段が騰がっていってもここまでなら
購入するという金額を決めてエントリーした。

結果、最低落札価格で競り落とせ、
無事に老紳士におもちゃを渡す事ができた。

すごく喜んでいたその笑顔を
見てこちらも嬉しくなる。

きっとこの老紳士もそんな笑顔を見たいが為に
仕事を続けているのだろう。

この私のと同じ様に・・・(`・ω・´)キリッ

 

 

 

おすすめの記事