株式投資手法のアイキャッチ

皆さんこんにちは!マメ太郎です。
今回は株式投資について自分の考え方を話していきます。

具体的な銘柄や金額、どの様なルールで投資しているかをお伝えします。

そしてこれからどうなっていくかを定期的に発信していきますので、ぜひ参考にして下さい(^^)

 

株式投資手法について

現在、

日本株を約2,800,000円

米国株を約780,000円

保有しています。比率として日本株78%米国株22%です。(2020年8月現在)

株 ポートフォリオ今は毎月200,000円づつ米国株を購入しています。

随時、株の保有数、銘柄を自分の考え方と一緒に投稿していきます。

投資は人生の不安を取り除き、豊かになる為には必要となるスキルです。「投資は怖い」と言う人がいますが私からすれば投資をしない方が怖いです('Д')

株には色々な投資方法がありまして、わずかな資金からすごいスピードで億単位のお金を稼いだ人や、目の回る様な高額な資金を使ってトレードをしている人もいます。

短期間でお金持ちになる。それはほとんどの人にとって憧れではありますが、確率的にも現実的ではないと思うし、真似をしても相当大きなリスクをとる事になると思います。

そういう私も最初はチャート分析などをして、参考にする本もブレイアウト投資法!!とか〇年で1億円稼ぐテクニカルトレード!!みたいなすぐにお金持ちになれそうなモノばかりで、1日に何回も買ったり売ったりして確実に、そして着々とお金を溶かしていきました( ;∀;)

もちろんプラス収支の時もありますが、やはりギャンブル性が強いのでやればやるほど資金は減っていきました。

マメ太郎
今は現物取引のみだけど
当時は信用取引
(自己資金の約3倍注文できる。
要するに借金。)
もしていて、売買を繰り返し
いつも気になってスマホで
株価を見ていた。
大損失を出した事もあったよ(-_-;)

 

そこでこれはやばいなと。ストレスが半端ないなと思い、考え方を改めて辿り着いた手法がキャピタルゲイン(株の売却益)ではなくインカムゲイン(株の配当金)を積み重ねていく手法です。

お手本はかの有名なバフェット太郎さんです。あの方の著書を読んだ時にとても腑に落ち、この手法だ!!と感じました。

すぐには結果がでないけど長いスパンで見れば、指数関数的に資産が積みあがっていく。この手法に勝るものはないと思いました。

本書でバフェット太郎さんは米国株を推していました。米国株市場は日本株市場と比べてずっと成長をし続けている等、米国株の素晴らしさを綴っていたのですが、その中で私が一番良いと思ったのが米国の経営者の考え方です。

コーポレートガバナンス(企業統治)と言うのですが、簡単に訳すと「会社は経営者や従業員のものではなく株主のもの」という事です。

アメリカでは株主の為に利益を出す経営者が良い経営者と唱えられ、例え不況で業績が悪くても、増資など既存株主の損になる様な事はせず、従業員をリストラしてでも配当金の維持、増配を行う会社がたくさんあります。

日本の経営感覚はまず利益は役員や従業員へ。業績が悪いときはまず株主へ損をしてもらう的な考え方がある様に思えます。

コロナ過での悪決算時期は悲惨で、たくさんの企業が減配、無配を勧告しました。私が保有している株も1銘柄減配を喰らってしまいました(-_-;)

国際石油開発帝石が年間配当36円⇒24円になりました。獲らぬ狸の皮算用なのですが、○○株持っている!しかもNISA枠だから税金がかからないのでこれだけ配当もらえるな(^^)/みたいな事を考えてしまう訳ですよ。

そしてその結果は見ての通り...儚くも理想は崩れ現実を叩きつけられました...

そんな時にバフェット太郎さんの著書を読んで米国株を取り扱ってみたいのと、時を同じくして私が利用している楽天証券の取引アプリが米国株も取り扱える機能を実装した事で私は当分の間、米国株を買う事にしました。

インカムゲイン(配当金)狙いの手法なので簡単に無配、減配をしでかす日本株はとても危険と感じました。

アメリカは30年間増配をしている企業が50社以上あるのに対し、日本はたった1社、花王だけです。これをみてもインカムゲインを狙うなら米国株かなと思います。

現在の保有銘柄

具体的に今の保有株を表にしました。

日本株(2020年8月) 約2,800,000円

日本株(コード) 枚数 パーセンテージ
オリックス(8591) 800株 36.88%
日本たばこ産業(2914) 300株 21.26%
国際石油開発帝石(1605) 800株 19.15%
KDDI(9433) 100株 11.7%
三井住友FG(8316) 100株 10.96%

 

米国株(2020年8月) 約780,000円

米国株(ティッカー 枚数 パーセンテージ
ジョンソン&ジョンソン(JNJ) 8株 16.60%
フィリップモリス(PM) 11株 11.88%
エクソンモービル(XOM) 19株 10.59%
コカ・コーラ(KO) 16株 10.47%
アッヴィ(ABBV) 8株 10.24%
ピ-プルズ・ユナイテッドF(PBCT) 68株 9.98%
スリーエム(MMM) 4株 8.93%
ベライゾン(VZ) 9株 7.31%
アルトリアグループ(MO) 12株 7.17%
IBM(IBM) 4株 6.83%

 

と、こんな感じです♪

とりあえず日本株は基本しばらくは扱わずに、米国株を積み立てていきます。

まず一気に株を買わずに月末辺りに毎月20万円づつ。これより多くても少なくてもよろしくなく、その時の株価や世界情勢に惑わされる事無く、感情を捨て機械的に

株銘柄はポートフォリオの保有金額パーセンテージが低いのを購入。10銘柄あるので全てが平均10%の保有金額割合になる様に購入

 

米国株のポートフォリオ

 

今回は保有割合の低い下から4つ、IBM、アルトリア、ベライゾン、スリーエム、を5万円づつ購入する予定です。このルールで毎月繰り返していきます。このブログで毎月報告をしていこうと思います。

日本株に関してはしばらくの間、余裕がある時にたまに買い増す程度に留めておきます。とりあえずは米国株75%:日本株25%くらいの保有割合にするつもりです。

株の三分割ポートフォリオ

日本株と米国株を取り扱っているのはわかった。でも私の推奨する大きな収入口のカテゴリーを三つに分ける秘技

【三分割ポートフォリオ】

にあと一つ足りないではないか!?そうです。その通りです。もちろん株も三分割に分けて考える様に考えています。そこで私はあと一つの場所はこれから大きく伸びると思われる市場【中国】をポートフォリオに加え、三分割にしようと思ってます。ただ、まだ勉強不足で、中国の取引市場は主なもので

・上海証券取引所

・深セン証券取引所

・香港取引所

があり、またA株・B株・H株などがあったりまだ手を出すには勉強不足であります(-_-;)

最近、中国出身の方が日本株を買っていたので、なぜ中国株でなく日本株を買うのか聞いてみると

「中国の企業はコーポレートガバナンスが低く、すぐに配当を減配・無配や株が希薄する増資を行うから信用できない。」

との回答でした。なるほど日本よりもひどそうだなと思い、色々と調べてから扱っていかないと火傷しそうな市場だと感じました。

とりあえず中国株式市場は勉強しつつ、第三のポートフォリオ市場に相応しいかどうかを見極めながら、今は第二の柱となる米国株を育てていこうと思います。

では今回はこの辺りで。
それではまた。

 

 

おすすめの記事