貯金から投資へ

 

ナヤム君
老後に2000万円必要って
聞いたけど本当なの?
そんなに貯金ができる自信がないよ~
とても老後が心配だよ~💦

ハテナさん
よく老後のために
資産運用とか聞くけどあれは何?
よくわからないし不安だわ...
貯金だけではダメなの💦

 

こんにちは。
マメタロウ(twitter@mametarounet)です。

 

ほとんどの人がかかえている老後の不安...
今のままで生活できるのかと悩みは尽きません。

 

 

今回はそんな不安を少しでも
解消できる様にわかりやすく

 

 

なぜ資産運用が
必要なのかを説明していきます。

 

資産運用をしないと怖い5つの理由

老後 不安

 

1年金問題

 

まず、将来の事でだれもが思うのが

『年金ってもらえるの??』

でしょう。

 

未来のことなので100%の
正解は誰にもわかりませんが

 

 

年金制度の仕組みを理解すると
現状のままの支給は非常に難しいと思います。

 

 

年金は
賦課(ふか)方式をとっています。

 

 

賦課方式とは年金支給に必要な財源を、
その時の保険料収入から用意する方式です。

 

 

イメージとしては、おじいちゃんおばあちゃんに
現役で働いている人が仕送りをしている感じです。

 

そこで今の日本の状況ですが、皆さんも
知っての通り、少子高齢化が加速しています。

 

1人の年金受給者を支える為に現役世代の
負担が重くなり続けている状況です。

少子高齢化

 

将来このまま年金制度が
続くとしても現在よりもさらに

 

受給年齢の先送りや受取金の減額
覚悟しておいた方がいいでしょう。

 

2寿命がのびた

 

年金制度が始まった
1960年の平均寿命は

・男性 65歳
・女性 70歳

だったのです。

 

年金支給が始まっても
5~10年くらいで受取が終わっていたのです。

 

それが現在は医療の進歩等で15年ほど寿命が
延び、年金を受け取る期間も長くなりました。

 

少子高齢化だけでなくこの部分も
年金負担が増えている原因の1つです。

人生100年時代

 

私たちは、長い老後を
もらえたとしても少ない年金と

 

働いた時の貯金で生活を
しなければいけないのです。

3貯金をしてもふえない

 

ナヤム君
年金にたよれないなら
いまのうちに
たくさん貯金しとかないと💦

 

と考える人は多いと思います。
でも、貯金にもたよれないのです。

 

原因は2つあります。
その1つが利息です。

ハテナさん
むかし、おじいちゃんから
老後に困らない様に
貯金しておきなさい
っていわれたけど???

 

昔は貯金しておくだけで
お金が増えた時代があったのです。

 

郵便貯金の定期は年利8%あり、100万円を
10年預けたら200万円以上になりました。

 

だから昔の人の

『老後のために貯金しなさい』

は正しかったのです。

 

現在はどうでしょう?
大手銀行で年利0.001%ほどです。

 

100万円を10年預けても100円しかふえません。
それどころか、大手銀行は

 

一定期間、使ってない口座からも
手数料をとることを発表しています。

 

さらに口座の開設するときに
手数料をとることを考えています。

 

これからは

貯金をしても増えない、むしろ減ってしまう

のです。

 

4インフレでお金の価値がさがる

 

現在、目標としてインフレ率2%以上
掲げている国がたくさんあります。

 

インフレ率とはなにか?と言うと
消費者物価指数上昇率の事です。

 

わかりやすく説明すると

 

えらい人
モノの値段を上げていきますよ~

 

という事です。例えば

 

 

30年くらい前は自動販売機の
ジュースは100円で買えました。

 

現在は同じ量の同じ商品を
買うのに130円かかります。

 

100円で買えた時は消費税がなかったので
それを計算に入れても20円高いです。

 

缶ジュースの物価は
ここ30年で20%あがったのです。

 

モノによって差はありますが
値段が上がっていくのがインフレです。

 

そして今、日本はインフレの
目標率を年2%にしています。

 

モノの値段があがるという事は
お金の価値がさがるという事でもあります。

 

例えば100万円もっていても25年後は
今の価値で50万円になるという事です。

ハテナさん
ええぇ~?
使ってないのに減っちゃうの?💦

 

経済のことなので思った通りに
ものごとが進むかわかりませんが

 

 

日本政府はインフレ率2%を
目指して行動しているので

 

 

お金の価値は下がっていくと
考えた方が良いでしょう。

 

 

貯金をしていてもその価値は
だんだんと減ってしまうのです。

 

 

5年功序列・終身雇用の崩壊

 

これもおなじみのフレーズ
年功序列と終身雇用の崩壊です。

 

昔は一度勤めたら、毎年昇給があり、
定年まで働ける会社が一般的でした。

 

ナヤム君
あのトヨタでさえ
『終身雇用は無理!!
毎年の昇給も廃止する!』
ってニュースで言ってた💦

 

右肩上がりの経済成長率と
ピラミッド型の人口構造の

 

どちらもくずれた今、
終身雇用が難しいのは仕方ない事です。

 

最近では会社が30代や40代を
対象に自主退職を促したりと

 

リストラの若年化も
当たり前になってきました。

 

リストラ

 

ある日、突然今までの収入口が
途切れる事が起こりうる時代なのです。

 

貯金から投資へ

貯金から投資へ

 

ハテナさん
年金はあてにできない...
そして貯金しても増えないどころか
価値はどんどん減っていくかも💦

ナヤム君
終身雇用はなくなり安定して
はたらくことも難しくなった...
それなのに寿命はのびている💦

 

そうです...
日本の未来は暗いのです...

 

そう...
今の感覚のままでは...

1なぜ日本政府はNISAやiDeCoを作ったのか

 

NISAやiDeCOという言葉は、意味は
わからなくても聞いたことはあると思います。

 

これは日本政府が金融投資にかかる
税金を優遇してくれる制度です。

 

なぜこの様な制度を作ったのか
簡単に説明すると

 

えらい人
みんなの老後の面倒を
国でみるのはもう無理だわ~
自分で投資して
老後にそなえて欲しいのよ💦
そ、そのかわり
税金はおまけしてあげるからね💦

 

こんな感じです(笑)

 

日本政府は国民に投資を
するようにメッセージをだしているのです。

 

2自分で年金作り

 

金融資産に投資をして
自分自身で老後のそなえが

 

 

必要なのはわかったと思います。
ですがNISAとiDeCoには上限があり

 

老後にかかるお金をこの枠だけで
おぎなうのは無理です。

 

この制度は投資を始める
キッカケに過ぎません。

 

投資の勉強

 

 

自分自身で投資を学び
毎月お金が入ってくる

 

 

まるで年金の様な仕組みを
作る必要があります。

 

このBLOGでは株式投資での
自分年金の作り方を説明しています。

 

ぜひ、参考にして
老後のために行動してください⇩

 

 

年金だけでは怖い...
いつ職を失うかわからない...

 

 

不安は尽きません。それを
やわらげるのは行動することです。

 

マメタロウ

老後不安は誰にもあります。
私もその中の1人です。

でも、今しておかなければ
いけないこともわかります。

行動することで
不安や悩みは和らいでいきます。

たくさんの方が
このBLOGを読むことによって

人生が豊かになればと思います✨

 

 

それでは今回はこの辺で。
お疲れさまでした。

おすすめの記事