マメ太郎の2020年9月株資産

 

段々と秋を感じる気候になってきましたね。私は夏から秋に変わる、長袖の服を着ようかなぁ?と思う頃が一番好きです。

さて、今回は初心者向けに株の解説(キャピタルゲインとインカムゲインについて)と、現在の私の株の資産の事をお伝えします!リアルな数字込みですのでぜひ参考にしてください('◇')ゞ

 

2020年09月株式資産

現在の資産は

日本株を約2,800,000円
米国株を約970,000円

を保有しています。比率としておよそ日本株75%、米国株25%です。(2020年9月現在)

毎月約20万円分、保有している米国株10銘柄から保有率の低い株を買うというルールに従って8月の下旬に購入しました♪

株式手法について詳しくはこちら⇩⇩

 

今回は保有割合の低い下から4つ、IBMを4株、アルトリアを10株、ベライゾンを8株、スリーエムを3株、約5万円づつ購入しました。

マメ太郎の株ポートフォリオ202009

だんだんバランスがとれてきました。今月の下旬にはPBCT、エクソンモービル、アッヴィ、コカ・コーラの4銘柄を5万円づつ購入する事になりそうです。(^^)/

これを繰り返して米国株10銘柄をバランスよく購入していきます♪♪

『で、これを繰り返したらどうなるの?』って思いますよね?

はい。答えは株を買っている企業からもらえる配当金にあります。私は配当金を得る事で利益を出す方法を行っています。

次で詳しく株で利益を出す方法について解説します。基本的な内容ですが大切な事ですのでおさらいの意味も込めて。

株で利益を得る二つの方法

まず株で儲けを出す方法は二つ、インカムゲイン(配当金)キャピタルゲイン(売却益)です。

インカムゲイン(配当金)とは会社が得た利益の一部を株主へ支払うものです。

日本だと年に2回、アメリカだと年に4回配当金を支払う企業が多いです。

でも全ての企業が配当金を支払う訳ではなく、配当金が0円の企業もあります。

理由は利益がなく配当金を払う余裕がない場合もありますが、すごく儲かっているのに配当金0円という企業もあります。有名な企業で例をあげればAmazonがそうです。

『配当金が0円なら誰が株を買うの?』って思いますよね?

答えは株の値上がりを期待して投資家は買います。Amazonは企業として成長途中で現時点では、株価は右肩上がりで推移しています。

Amazon売上推移表

Amazonは株主への配当金に利益を使わず、企業の成長に使う事で売上を上げています。その結果、投資家が株を買った時よりも株価を高くする事で、株を売った時に利益をだせる様にしています。

マメ太郎
配当金が欲しいんだが...(-_-;)

Amazon
配当金はださないよ~
その代わりに買った時より
株価を上昇させるから売って利益だしてね!

この様に企業の成長に期待して買って、株価が騰がった時に売る事で利益を出すことをキャピタルゲイン(売却益)と言います。

現在はいわゆるハイテク株、GoogleやFaceBook等もそれにあたります。テンバガー(株価10倍)を狙う場合もこういう成長企業になりますね。

では次はインカムゲイン(配当金)を深堀りしていきます。

配当金を多く払う企業の特徴は、ある程度業界のシェアを抑えており成長に急激な伸びがなく、大掛かりな設備投資や先行投資が余り必要のない企業です。

例で挙げるとコカ・コーラ社がその一つです。全世界にシェアを持ち安定的に利益をあげているコカ・コーラ社は配当を毎年だしているだけではなく、なんと58年連続増配をしている企業です。そして利益の70%以上を株主に還元している会社です。

マメ太郎
これからも連続増配当を期待しているよ♪

Coca-Cola
連続記録を58年で終わらせない様に、連続増配をこれからも頑張っていきます!!

 

私の投資手法はこういう成長の伸びには期待できないが安定的な利益を出しており、なおかつ毎年増配を繰り返している企業を買うインカムゲイン(配当金)狙いの投資方法です。

その中でも私の購入している米国株銘柄10種は、全て増配を25年以上繰り返している企業です。

配当金狙いは短期間に沢山の利益を得る事はできないのですが、コツコツと買い増して行く事で5年後、10年後、指数関数的に利益の伸びが期待できる投資方法です。

ただこの投資法の弱点は企業が途中で配当を止めてしまったり減配してしまう事です。そうなると計算が狂ってしまいます。

だから私は25年以上増配を続けている企業に投資をしているのです。もちろん絶対ではないですが、今までリーマンショック等の危機の時も配当を出し続けた企業達です。これからも毎年増配を続けてくれると思うからです。

去年より今年、今年より来年、受け取る配当金が多くなる仕組み作りこそ、人生を豊かにする為に必要な投資方法と私は思います。

現在の年間配当金は?

ではインカムゲイン狙いの投資方法で私は現在、年間どれくらいの配当金収入があるかと言うと、

2020年9月時点の年間配当金

207,672円(税引前)です。

これは税引き前の数字で、ここから日本株は約20%、米国株は約30%の税金がかかります。

米国株は確定申告の際、「外国税額控除」を申告すると所得税の一定額が戻ってくる制度がありますが、年々で戻ってくる額に差があるので、ここでは税引き前の数字を公開しています。

2020年9月の段階でこれで、月末に約20万円づつ積み立てていく手法は継続します。来月またどの様に変わったのか公開します。

インカムゲイン狙いをオススメ

最初私は、キャビタルゲイン(売却益)狙いの投資スタイルでした。信用取引やデイトレもおこない、スマホ画面を数分に1回はチェックしていました。

頻繁に売買し、取引の度に証券会社に手数料や信用金利を払い、気が付けばどんどんお金は減っていき、ストレスで不眠症になる程でした(-_-;)

キャピタルゲイン狙いは確かに上手くいけば短期で資産を増やす事ができます。実際に億単位のお金を数年で稼いだ人も沢山います。

ですが、私にはどうやらその才能は無かったみたいです(;_:)

それに気づいてインカムゲイン(配当金)狙いに手法を変えた所、株価の上下に一喜一憂しなくなり、株価を一日中みない日も増えました。

確実に年間配当金が増えていく証券口座にストレスも無くなりました。今では月末に株を買う日が楽しみです♪♪

月に一日、楽しみで待ちどおしい日が増える!!人生を豊かにするには必要な事ですよね!!

これから投資を始めようと思っていたり、現在短期売買で資産を減らしたりストレスを抱えている方がいるのでしたらぜひ一度、インカムゲイン狙いの投資手法を試してみて下さい('◇')ゞ

最後に投資の神様、ウォーレン・バフェットの名言を一つ。

「近視眼的な投資では理性を失い、結果としてお金と時間を失う」 byウォーレン・バフェット

 

 

今回はこの辺りで。
それではまた。

 

 

 

おすすめの記事